オコキタ日記

子育て、働きかた、暮らしに役立つあれこれソレコレを書いていきます。

子育て、お絵かき、暮らしに役立つアレソレコレ。

【漫画エッセイ】旦那氏モードチェンジ。男の子でも、女の子でもどっちでも良いんだけど。

スポンサーリンク

5ヶ月目の検診で先生に性別を聞いたオコキタ。(↓前回はこちら)

okokita.hatenadiary.jp

 

帰宅後、旦那に報告。

f:id:cobok:20160417200630p:plain

 

f:id:cobok:20160417200629p:plain

f:id:cobok:20160417200628p:plain

f:id:cobok:20160417200627p:plain

私も勝手に男の子だと思ってましたが、

私の「男の子じゃないのかなー?」発言で旦那氏も男の子モードでした。

 

男の子なら自転車(ロードバイク)一緒に乗れるし、

良いな良いなとイメージをふくらませていたそうです。

 

 

男でも女でも良いのだけど、あるじゃん?イメージというか心の準備が

つまるところ、どちらでも良いのです。

良いのですが、やっぱりどっちだったらこうなるだろうな~という風に勝手にイメージしちゃうもんなんですね。

 

旦那氏は、2~3日、

「女の子かー、女の子なのかー」

を連呼してましたが、女の子だったらかわいいだろうな~という思考にさっさと切り替わり、いまでは名前もつけて話しかけたりしています。

女の子だから優しくしてあげようモードです。

 

女生まれたら(自分の父親も他界しているし)家が女ばっかりじゃーん!

といってましたが、旦那氏の性格的には娘にぞっこんメロメロになりそうな予感です。

 

とはいえ、

やっぱり男だと思い込んでいたものを

聞いてすぐ、「ハイそうですか。」とすぐにはならないのは同じでした。

決めつけたことを解きほぐしていって、すこしずつ心をならしていこうっと。

 

 
新版 タイミング妊娠法?丈夫でよい子を産む

新版 タイミング妊娠法?丈夫でよい子を産む